ネヘミヤ2:17-20 『 ネヘミヤに学ぶ人間性の回復② 』 2014/10/26 松田健太郎牧師

ネヘミヤ2:17~20
2:17 それから、私は彼らに言った。「あなたがたは、私たちの当面している困難を見ている。エルサレムは廃墟となり、その門は火で焼き払われたままである。さあ、エルサレムの城壁を建て直し、もうこれ以上そしりを受けないようにしよう。」
2:18 そして、私に恵みを下さった私の神の御手のことと、また、王が私に話したことばを彼らに告げた。そこで彼らは、「さあ、再建に取りかかろう」と言って、この良い仕事に着手した。
2:19 ところが、ホロン人サヌバラテと、アモン人で役人のトビヤ、および、アラブ人ゲシェムは、これを聞いて、私たちをあざけり、私たちをさげすんで言った。「おまえたちのしているこのことは何だ。おまえたちは王に反逆しようとしているのか。」
2:20 そこで、私は彼らにことばを返して言った。「天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる。だから、そのしもべである私たちは、再建に取りかかっているのだ。しかし、あなたがたにはエルサレムの中に何の分け前も、権利も、記念もないのだ。」

ネヘミヤ記を通して、人間性を回復していく方法を共に学んでいます。
ネヘミヤ記というのは、エルサレムの城壁を修復するという地味な話なのですが、城壁を私たち人間性と見立てて、回復していくプロセスを学んでいるのです。

人間性とは何だったでしょうか?
人間性とは、私たちの人格の事であり、知性、感情、意思によって構成されています。
私たちが抱える問題の多くは、この人間性の歪みや崩れから起こっている事です。
何か依存してしまったり、人間関係の中でトラブルが起きたり、するべき事ができず、やるべきでない事をしてしまうのは、人間性の崩壊から始まっている私たちの傷です。

私たちはこれを、自分の力で表面から直そうとしても、体裁を整える事になるだけであまり意味がないという事を学びました。
問題の本質は人間性よりももっと奥にあり、実は私たちと神様の関係が壊れてしまったところから始まっているからです。

どれだけ頑張っても、意味がない。
それだけで済めばいいですが、意味がないどころか、わたし達にとって大きなストレスとなってダメージを与えたり、不安定になって、周りの人に迷惑をかけることになる事さえあります。
体裁を整えて中身が伴わないのは、間違いなく無理な生き方だからです。

エルサレムの回復が、城壁からではなく、まず神殿から始まったのと同じように、私たちの内側にはまず宮が作られて、神様の関係が回復する必要があります。
私たちがイエス様を救い主として信じ、イエス様を王として心の内にお迎えして、イエス様を神とする生き方を始める時から、私たちの回復は始まるのです。

私たちの回復はどのようにして起こるのでしょうか?
そしてそのために、私たちは何をしたら良いのでしょうか?
今日はその事を共に学んでいきたいと思います。

①  聖霊による回復
城壁が崩されたままにされ、他の人々からあざけりを受けている事を聞いたネヘミヤは、城壁を再建しようと人々に訴えかけました。
そして、王様の献酌官という名誉ある立場を捨ててでも、イスラエルを回復したいと願い出て、動き始めました。

この時に始まったネヘミヤの働きは、私たちの内側で起こる霊的な回復と似ています。
聖霊は、わたし達に癒されたいという心を抱かせるように働きかけ、わたし達の人間性を少しずつ立て直していくのです。

イエス・キリストを救い主として受け入れた時、わたし達は新しくされ、わたし達の内には宮が建てられ、聖霊なる神様が住んでくださいました。
でもそれだけでは表面的には何も変わっていません。
そのわたし達を慰め、癒し、キリストに似たものへと変えていく力が働く必要があるのです。

城壁を建てるように働きかけた、ネヘミヤを見てみましょう。
ネヘミヤというのは、“慰める者”という意味の言葉です。
私たちの人間性という城壁を癒し、直し、修復していくのは、“助け主”であり“慰め主”である聖霊なのです。
パウロは手紙の中でこのように書いています。

IIコリント3:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。

自分の力で会変えることができるのは、表面的なものだけです。
しかし聖霊は、内側から働いてわたし達の知性、感情、意思を癒し、わたし達を主に似たものへと変えてくれる力を持っているのです。

② 聖霊のバプテスマ
それとは逆に、聖霊の力にゆだねているのに、ぜんぜん変わらないという人もいます。
いったい何が問題なのでしょうか?
あらかじめ言っておきますが、ここにいる皆さんは、自分が思っていらっしゃる以上に、変えられていると思いますよ。
でも、そういう方もいらっしゃるんですよね。
全部が全部同じではないでしょうが、その様な人たちにも共通点があるように思います。
それは、聖霊が変えてくれるのを待っているだけで、自分は何もしようとしないという事です。

「自分の力じゃなく、聖霊に変えていただくと言ったじゃないですか。」と、思われるかもしれません。
確かにそうなのですが、それはクリスチャンになって、後は放っておけば勝手に変わるという事ではないんです。
では、どういう事なのでしょうか。

クリスチャンになっても変わらない二つの例、自分が自分を変えようとする事と、自分は何もしないという事ですが、実はこれ、ふたつとも自分が中心となった生き方なのです。
一方は自分が王座に座ったまま、自分でするべき事を決め、自分で働いています。
もう一方は、自分は王座にいて、神様に向かって「私を癒しなさい。」と命令してまっているのです。
わたし達が王座に座り続ける限りは、わたし達が変えられることはありません。
クリスチャンになるという事は、イエス様を王とする事なのですから、イエス様の命じることに耳を澄ませて、その命令に従って行動していく必要があるんだという事ですね。

ネヘミヤは、エルサレムの城壁が壊れているのを知った時、そこに行って一人で直したのではありません。

ネヘミヤ 2:17 それから、私は彼らに言った。「あなたがたは、私たちの当面している困難を見ている。エルサレムは廃墟となり、その門は火で焼き払われたままである。さあ、エルサレムの城壁を建て直し、もうこれ以上そしりを受けないようにしよう。」
2:18 そして、私に恵みを下さった私の神の御手のことと、また、王が私に話したことばを彼らに告げた。そこで彼らは、「さあ、再建に取りかかろう」と言って、この良い仕事に着手した。

「城壁を再建しよう。」というネヘミヤの声に従って、たくさんの人たちが力を合わせてその働きに参加したわけですね。
わたし達も、「あなたの人格を修復しよう。」という聖霊の声に従って、なすべき働きをしていく必要があるのです。
自分の思う事をするのではなく、神様に従って。
そして自分の力によるのではなく、聖霊が与える力によってそれをするのです。

自分が中心となる生き方に死んで、聖霊の力と導きによって生き始める事を、聖霊のバプテスマと言います。
あるグループの人たちは、異言や預言を初めとした霊的賜物の様な、すごく超自然的な体験が聖霊のバプテスマだと主張しますが、それは必ずしも本質的な事ではありません。
しかし、自分が中心の生き方から、聖霊のバプテスマを受けて神様中心の生き方に変わった時には、わたし達は超自然的な力を受けて、全く新しい生き方をするようにはなるでしょう。
それこそ、わたし達が望む奇跡の力であり、聖霊のバプテスマによらなければ、わたし達は古い自分から新しい自分に生まれ変わり、キリストに似たものに近づいて行く事はできないのです。

神様の導きに従って生きることは、必ずしも楽で楽しい事ばかりではありません。
わたし達が歩みたい道とは、違う道に導かれることもあるでしょう。
それどころか、辛くて大変そうな道に進まなければならない事もあるかもしれません。
離れたくない罪から離れるように命じられたり、時には痛い思いをする事もあります。

でもそんな時、イエス様の言葉を思い出していただきたいのです。

マタイ 11:28 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
11:29 わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

神様がわたし達に負わせるくびきは、負いやすく、軽いものです。
そしてその道にはイエス様がいて下さる。
聖霊は、このようにしてわたし達を導き、わたし達に力を与えて下さるのです。


わたし達は問題だらけの人間です。
「こんなことをしたって、何になるだろう? 無意味だ。変わるはずがないじゃないか。」と心の声がささやく事もあるかもしれません。
でも、そんなあざけりや、しいたげる声に耳を貸してはいけません。
ネヘミヤは、彼らの働きをあざける人々に対して、このように言いました。

ネヘミヤ 2:20 そこで、私は彼らにことばを返して言った。「天の神ご自身が、私たちを成功させてくださる。だから、そのしもべである私たちは、再建に取りかかっているのだ。

道のりは遠いでしょう。
そして、神様がいばらのような道を歩ませることもあるかもしれません。
でも天の神様ご自身がわたし達を成功させてくださるのです。
今はまだ、その途上にいます。
でも神様の導きに従って歩んでいくなら、わたし達の人間性は必ず回復していくのだという事を信じて、城壁を築いていきましょう。
その先には、大きな喜びが待っているはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です