ルカ4:1-13 『 ルカ9 荒野での試み(中) 』 2015/02/08 松田健太郎牧師

ルカの福音書4:1~13
4:1 さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。そして御霊に導かれて荒野におり、
4:2 四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。
4:3 そこで、悪魔はイエスに言った。「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。」
4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてある。」
4:5 また、悪魔はイエスを連れて行き、またたくまに世界の国々を全部見せて、
4:6 こう言った。「この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。
4:7 ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。」
4:8 イエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えなさい』と書いてある。」
4:9 また、悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の頂に立たせて、こう言った。「あなたが神の子なら、ここから飛び降りなさい。
4:10 『神は、御使いたちに命じてあなたを守らせる』とも、
4:11 『あなたの足が石に打ち当たることのないように、彼らの手で、あなたをささえさせる』とも書いてあるからです。」
4:12 するとイエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない』と言われている。」
4:13 誘惑の手を尽くしたあとで、悪魔はしばらくの間イエスから離れた。

先週から、イエス様が荒野で受けた誘惑についてお話ししています。
イエス様がキリストとしての活動を始めるに当たって、まずはバプテスマのヨハネによって洗礼を受け、その後で40日間荒野で断食する事になりました。
そこでイエス様は、悪魔からの試みを受けるわけですね。
聖書には、イエス様が荒野に行ったのは、悪魔からの試みを受けるためだったと書かれていました。

40日間の断食で空腹だったイエス様に、あなたは神の子なのだから、石をパンに変えて食べればいいと誘惑しました。
それは奇跡を自分のために使う事であり、神様ではなく目先の事を心配するべきだと思わせる誘惑でした。
イエス様はそれを、神様の言葉によって退けたのでしたね。

今日はその続きを見ていきたいと思います。
イエス様は、どのような誘惑を受けたのでしょうか?
そして、なぜそんな誘惑を受ける必要があったのでしょうか?

① すべてをあなたのものとしよう
イエス様が受けた2番目の試みは、このようなものでした。

4:5 また、悪魔はイエスを連れて行き、またたくまに世界の国々を全部見せて、
4:6 こう言った。「この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。
4:7 ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。」

マタイの福音書だと、高い所に連れて行ったと書かれています。
それがどこであったにしろ、悪魔は世界の全てをビジョンとして見せました。
そして、私を崇めるなら、世界の全てはあなたのものになると言ったのです。

悪魔は、「国々の一切の権力と栄光は私に任されている」と言っていますね。
この世界は神様のものなのではないのですか?
神様が創り、神様の支配にあるのではないでしょうか?
確かにそうなのですが、人間が罪によって神様と離れてしまった今、この世界は悪魔の思うままの状態になってしまっているのです。
イエス様もサタンの事を、『この世を支配する者(ヨハネ16:11)』と読んでいます。
サタンは他に所でも、『この世の神(IIコリント4:4)』とか、『空中の権威を持つ支配者(エペソ2:2)』として書かれているのです。

多くの方が、この部分を誤解しているような気がします。
だから何か悪い事が起こった時に、「神様、何でこんな目に合わせるんですか!?」と言って怒ってたりするんですね。
ヨブ記を見てもわかる事ですが、それはこの世の支配者である悪魔の仕業なのであって、神様がやっているわけではありませんから・・・。
そして、この世界で悪魔が思うままにふるまっているのは、私たちが神様から離れて罪人となったせいですからね。

でも、その権威と栄光が、本当にイエス様のものとなったらどうでしょうか?
人々が悪魔の支配の中にあって、思いのままになっていたように、全ての人々はイエス様の思いのままにさせる事ができるようになります。
人々はイエス様に従わせ、世界中の人々を思うままに操る事ができるでしょう。
そうしたら、人々を神様の元に戻す事も簡単にできるじゃないですか。
十字架にかかる必要なんてない。
それどころか、十字架で命を捨てて、「わたしを信じなさい。」と言うよりも、もっと多くの人たちを従わせることができるのです。

こんなにいい話はないでしょう?
何が問題なのでしょう?
どうしてイエス様は、このアイデアに乗らなかったのでしょうか?

② 自由意志
まず第一にそれは、「悪魔を崇めるなら」という交換条件の元でされている話だったからです。
それがどんなに素晴らしいアイデアだったとしても、「悪魔を崇める」という事が条件になっているなら何の意味もありません。
イエス様がこの交換条件に乗って世界の支配を手に入れるなら、イエス様は悪魔の手先になってしまう事を意味しています。
それでは話になりませんね。

第二に、人間という存在が持っている性質を、全く無視したものだったからです。
人間に与えられている最大の特徴は、自由意志を持っているという事です。
人間はロボットのようには創られていないという事ですね。
自由意志に関しては、僕がするバイブルスタディの中で必ずお話しする事なので、この教会ではほとんどの方が理解されていると思います。

自由意志とは、神様に背くことができる能力の事です。
これがなければ、人間は最初から罪人となる事はありませんでした。
でも、神様は人間に自由意志を与える必要があった。
なぜなら、人間は神様と愛の関係を持つために創られた存在であり、愛というものが機能するためには、背くという選択ができなければ愛にはならないからです。

私たちが理想の男性や女性のロボットを作って、「愛してます。」と言わせても、私たちは虚しいだけですよ。
それは、「愛しています。」と言う言葉だけで、愛ではないからです。
愛と言うものは人に強制させられるものではなく、強制した途端にそれは愛ではなくなってしまうものです。
愛とは、“愛さない”という選択がある中で、それでも愛する選択をした時に初めて愛になるのです。

カップルのケンカの時に出てくる言葉として、「あなたがあんな事をしたから、私はあならを愛せなくなった。」という言葉ありますが、それは間違いです。
それは“好きという感情”がなくなったというだけの話であって、そんな感情がなくなってしまっても、それでも愛する選択をする時に、それは本当に愛となるのです。

さて、ここで悪魔が提案しているのは、自由意志に任せるのではなく、支配によって人間を神様に従わせなさいという話です。
でも、それでは何の意味もありません。
それなら、最初から人間をロボットとして創っていれば良かったという事になるでしょう。
イエス様には、ひとりでも多くの人たちが救いに入って欲しいという思いがあったでしょうから、これは大きな誘惑だったと思います。
でも神様は、人を強制的に救う事はできません。
それは人間をロボットにしてしまう事であり、そこには愛も救いも存在しないからです。

救いはこの世の権威によって、あるいは強制によって起こりません。
でも、キリスト教会には、それを実際にやってきた歴史もありますね。
その国に生まれたら、必ず洗礼を受け、クリスチャンとなりました。
クリスチャン率は人口の100%。
そこに生まれる限り、親戚や友達の救いを心配する必要もありません。
それだけ聞くと、素晴らしい国のように聞こえます。
でも、その実態はどうだったでしょうか?
ローマカトリック教会がローマ帝国やヨーロッパを支配していた時代、世界はそのような状態になっていましたが、そこは神の国とは程遠い世界でした。
そこには深刻な貧富の差があり、神の名の元に人が殺され、裁かれ、異教徒は排斥されていきました。
現代も、数だけで言えば、世界の人口の3分の1がクリスチャンだと言われていますが、世界の3分の1が天の御国になったとは到底言えない状態です。

私たちも、この世界にキリスト教が増え広がり、日本がキリスト教国となる事を願ったりする事があります。
でも、神の国は人間の業や権威によって起こるものではありません。
すべては、神様のわざによって起こるものなのです。

③ 神だけを崇め、主に仕える
さて、イエス様はこの誘惑を、どのようにして退けたでしょうか?
前回言ったように、悪魔の誘惑に対抗するために最も有効なのは、神様の言葉に頼る事ですね。
イエス様は再び申命記からの言葉を引用し、このように答えました。
4:8 イエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えなさい』と書いてある。」

神の国とは、人間的な権威や権力によって、この地上に起こるものではありません。
また、神様が人間の意思を支配し、コントロールする事によって起こるものでもありません。
神の国とは、私たちが神様との関係を回復し、神様に信頼し、神様の導きに自らの意志で従っていく事によって始まるものなのです。
だから、私たち一人一人が、神様を崇め、神様に仕えるという姿勢が必要なのです。

神様の目的は、私たちが神の国に生き、そこに起こった神の国が広がっていく事です。
その目的を見失ってしまうと、私たちは御心とは違う事を始めてしまいます。
みんながクリスチャンになりやすくするために、福音を変えてしまったり、神様の御心を曲げて伝えてしまったり、数だけを増やして満足してしまうのです。
あるいは、キリスト教という宗教団体に所属している事に満足はしていても、その信仰の中身は、自分の望むものだけを与えてくれる事を願うばかりの偶像崇拝になっていたりします。
それは、悪魔によって惑わされ、力を失ってしまった信仰でしかありません。

私たちも、そのような悪魔の誘惑に常にさらされています。
私たちは、主イエス様だけを崇め、イエス様だけに信頼する信仰で、そんな誘惑を跳ね除けてしまいたいものですね。
私たちが心から神様を信頼するなら、悪魔は退散していくしかないのですから。

Follow me!

コメントを残す