遠距離でも聖書が読みあえる!?「ZOOM」を使ったオンライン・バイブルスタディーとは

 こんにちは! クロスロード編集部のカオリです。(言ってみたかっただけです)

 街で「現代人は忙しい……」という広告をよく見かけます。同じく、現代に生きるクリスチャンも忙しい日々を送っているのではないでしょうか? 忙しさから、「教会に行きたくても行けない……」というお悩みを持っている方もいると思います。

 そんな方におすすめしたいのが「ZOOM(ズーム)でのオンラインバイブルスタディー」です。今までは、インターネットで聖書のことを学ぶとなると、メッセージ動画やブログを見ることに限られていました。しかし、ZOOMを使えば交わりをしながら聖書を学ぶ機会が得られるのです。

 今回は、ネットを通した交わりの魅力とオンラインバイブルスタディーの方法についてお伝えします!

ZOOMとは?

引用:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 ZOOMは、インターネットを使って、ビデオ会議、セミナーなどを行えるシステムのことです。「他のテレビ電話アプリとどう違うの?」と思われるかもしれません。ZOOMは、他のSkypeやLINEなどのアプリよりも圧倒的に通信量が少なく済みます。そのため、音声が途中で途切れてしまうなどのストレスをあまり感じることなく利用できます。

 

 ZOOMビデオ会議は、パソコンだけでなく、タブレットやスマホでの利用も可能なため、Wi-Fiを繋いでいれば、どこでも行えます。また、他社のビデオ通話アプリは、メールアドレスやパスワードなどの登録が必要でしたが、ZOOMは、登録することなく参加できるのです。そのため、「パソコンが苦手」という方もスムーズに使える仕組みになっています。(ビデオ会議を主宰する際は、登録が必要です)

 

 注意点として、ご自宅のインターネットの接続状況によっては画質が荒くなったり、声が途切れてしまいます。使用前には、自宅のインターネット環境をチェックしてみてくださいね。こちらでZOOMミーティングのテストができます。  

バイブルスタディーって何?

 

 「バイブルスタディー」は、教会によっては「聖書研究会」「聖書勉強会」とも呼ばれています。これは文字通り、聖書を学ぶ集まりです。クロスロード・インターナショナル葛西教会のバイブルタディー(以下バイスタ)は、牧師から一方的に講義を受けるスタイルではなく、参加者全員で聖書を輪読し、各自が思ったことを分かち合いしたり、教え合ったりしています。牧師やリーダーは、司会進行や方向修正などのリードする役割を持っています。

 

 聖書は一人で読んでいると、とても理解しにくい本ですよね。しかし、何人かでバイスタをすることによって、「聖書をどう捉えるか」のヒントを得られます。また、疑問点が共有でき、他人の証も聞けるため、お互いの励ましにもなります。特に、信仰をもったばかりの初心者にとっては、定期的に聖書に向かう時間を設けるのは、神様との関係の成長にかかせないでしょう。

ZOOMバイスタとチャット祈り会の魅力

  インターネットで交流できる、「ZOOMバイスタ」や、「チャット祈り会」のメリットはどんなところにあるのでしょうか?

 距離が離れている人とコミュニケーションが図れる

 通常は平日夜にバイスタがある場合、学校や仕事の後に教会に行く必要があります。しかし、ZOOMバイスタは、どこかに出向く必要がありません。自宅でできるので、体力を温存できます。また、転勤や引越しなどで教会と距離が離れたため、なかなか交わりができないということもあるでしょう。ZOOMを利用すれば、顔を見て話せるため、実際に会っているような感覚でフェローシップができます。

  スモールグループの機能

 日曜日に教会で交わりをしても、悩みや近況を話す機会がなかなか持ちにくいですよね。ZOOMバイスタは、スモールグループの機能も兼ねているので、祈り課題や悩みを共有しやすくなります。重荷を共に負ったり、祈りで支え合ったりできるが嬉しいですよね!

  お祈り課題を気軽に共有できる

 チャットを使った祈り会もオススメです。教会によっては水曜日に祈祷会を設けているところもあると思います。しかし、なかなか祈祷会に参加するのが難しい場合もあります。そんなとき、チャットを利用すると、気軽に祈り課題をシェアできるため、お互いのニーズを知れ、祈り合えます。

 

やってみよう! ZOOMオンラインバイスタ

 実際に、ZOOMでバイスタをやるとすればどうしたらいいでしょうか? ここでは、クロスロード・インターナショナル葛西教会での方法をご説明します!

 

 1、専用グループチャットを作る

 連絡は、Facebookのメッセンジャーを使って行っています。バイスタ開催のお知らせと、ZOOMの部屋番号をお伝えしています。メッセンジャーは、チャットグループを簡単に作れます。利用するときは、Facebookを使っていない人も可能なのが嬉しいですね。 

 グループチャットは、祈りの課題をシェアするときにも利用できます。

 参考:ついにアカウント無しでも使えるようになったFacebookメッセンジャー

 

 2、代表者がZOOMの登録をする

 ビデオ会議の部屋を用意するためには、ZOOMに登録する必要があります。ZOOMの利用登録は、無料です。しかし、無料版は3名以上のビデオ会議は40分までという制限があります。ですから、3名以上のバイスタをする場合は、40分で一度切って、また入り直す必要があります。無料版でストレスを感じる場合には、有料版があります。有料版は、100名以下のビデオ会議が時間無制限で行えます。有料版の値段は、14.99ドルです。

 ZOOMの部屋番号は、個人のパーソナルミーティングIDを伝えるか、ミーティングの開催を登録して、そのIDを伝えるかのどちらかで行います。

 

 3、時間になったら部屋に入る

 参加者は、タブレットやスマホ、パソコンなどでZOOMを立ち上げ、部屋番号を入力します。すると簡単に入室できます。入るときは、「ビデオ音声をオンにする」を選択すると、自分の声が相手に届きます。

 

 4、バイスタ開始

 ZOOMは、画面を共有できます。パソコンに聖書の言葉を出したり、ホワイトボードで説明したりするなども可能です。ホワイトボードを使うとイメージの共有がしやすくなりますね。

  

まとめ

 もちろん、インターネットを通しての交流は、直接会っての交わり(交流)にはかないません。しかし、離れた地域にいる人同士が繋がりを持つのに役立ちます。

 最近では、過疎が進む地域において、教会が次々と閉鎖されています。会って祈り合いたくても、「近くにクリスチャンがいない」ということもありうるわけです。ネットでの交流は、自分の住む地域に住みながら、他の地域のクリスチャンと交われるため、会えなくともコミュニケーションをとれるというメリットがあります。また、病気や家庭の事情によって教会に来れない人もいます。そのような孤立しやすい方にとっても、インターネットを通した交わりは一役買ってくれます。

 

 「また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見てますますそうしようではありませんか。」

ヘブル書10章24,25節

と聖書にはあります。イエス様にとどまり続けるよう互いに勇気づけるのは、私たちクリスチャンにとって大切なことです。その助けになるオンラインバイブルスタディー。ぜひ、チャレンジしてみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 執筆 星かおり

 

 

Follow me!