ローマ16:17-27 『ローマ44 福音によって堅く立たせる人生』2018/06/03 David Hawley

Main passage Romans 16:17-27
Related passages 1 Corinthians
Ephesians
Context The end of the letter.
Outline V17-20 Final caution and encouragement
V21-23 Greetings from Paul’s companions
V25 Doxology
Key points 1. The gospel is the power to save, and the power to establish us
2. Summary of Romans teaching, from this perspective
• Who we are
o Conservatives, Progressives, and the Poor in Spirit
o The effect of the gospel
• What we are for, and how we are to live
o We are gifts
o To the world
o Even in our suffering
• How is it possible
o Freedom
o The Holy Spirit

17 I urge you, brothers and sisters, to watch out for those who cause divisions and put obstacles in your way that are contrary to the teaching you have learned. Keep away from them. 18 For such people are not serving our Lord Christ, but their own appetites. By smooth talk and flattery they deceive the minds of naive people. 19 Everyone has heard about your obedience, so I rejoice because of you; but I want you to be wise about what is good, and innocent about what is evil.
20 The God of peace will soon crush Satan under your feet.
The grace of our Lord Jesus be with you.
21 Timothy, my co-worker, sends his greetings to you, as do Lucius, Jason and Sosipater, my fellow Jews.
22 I, Tertius, who wrote down this letter, greet you in the Lord.
23 Gaius, whose hospitality I and the whole church here enjoy, sends you his greetings.
Erastus, who is the city’s director of public works, and our brother Quartus send you their greetings.
(v24 redacted: May the grace of our Lord Jesus Christ be with you all. Amen.)
25 Now to him who is able to establish you in accordance with my gospel, the message I proclaim about Jesus Christ, in keeping with the revelation of the mystery hidden for long ages past, 26 but now revealed and made known through the prophetic writings by the command of the eternal God, so that all the Gentiles might come to the obedience that comes from faith— 27 to the only wise God be glory forever through Jesus Christ! Amen.

16:17 兄弟たち。私はあなたがたに願います。あなたがたの学んだ教えにそむいて、分裂とつまずきを引き起こす人たちを警戒(けいかい)してください。彼らから遠ざかりなさい。
16:18 そういう人たちは、私たちの主キリストに仕えないで、自分の欲に仕えているのです。彼らは、なめらかなことば、へつらいのことばをもって純朴(じゅんぼく)な人たちの心をだましているのです。
16:19 あなたがたの従順(じゅうじゅん)はすべての人に知られているので、私はあなたがたのことを喜んでいます。しかし、私は、あなたがたが善にはさとく、悪にはうとくあってほしい、と望んでいます。
16:20 平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏(ふ)み砕(くだ)いてくださいます。どうか、私たちの主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。
16:21 私の同労者テモテが、あなたがたによろしくと言っています。また私の同国人ルキオとヤソンとソシパテロがよろしくと言っています。
16:22 この手紙を筆記した私、テルテオも、主にあってあなたがたにごあいさつ申し上げます。
16:23 私と全教会との家主であるガイオも、あなたがたによろしくと言っています。市の収入役であるエラストと兄弟クワルトもよろしくと言っています。
16:25 26 私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現されて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、
16:27 知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。

I. Reading (2 min)
II. Introduction (5 min: 1-5) ROMANS IN REVIEW
• 今日はローマ人への手紙のシリーズの最終回になります。最後の11節ですね。
This is the final message on the letter to the Romans, as we cover the last 11 verses of the letter today
• 皆はすでに知っていると思いますがローマの教会はユダヤ人と異邦人の教会でした。
The church at Rome was a mixed group of Jewish and Gentile Christians
• パウロがこの手紙を書いた目的はまず教えてことのないローマの教会人に福音を徹底的に教えることです。
First of all, Paul wrote this letter to them so they would have a solid foundation in the gospel because he had never met them before.
• なぜそうしかったかというと福音がとても大切です。Paul says this about the gospel:
o In the start of the letter (1:16), he says the gospel is ‘the power of God for the salvation of everyone who believes’
手紙のはじめにこういいます:福音は信じる人を救う神様の力です。
1:16 私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。
o 信じるなら誰でもすくうのです。So the gospel saves everyone who believes.
o しかしこの「救い」はどう言う意味でしょうか。
Now what does this word ‘salvation’ mean?
それはもともと神様が作ったままのすばらしい状況にもどすことです。
Salvation refers to our restoration to God’s original design for humans.
o 神様に背いた最初の人間の時代から我々はいろんな欠陥で苦しんでいます。
 体では病気と死があります。
 道徳の面ではやるべきことをせず、やってはいけないことをしてしまいます。
 精神的いろんな依存を抱えています。アルコールと違法薬物だけではないですよね。思わずいろんなやりすぎをしてしまいます。
 社会の面では暴力や戦争を起こしたり、人を憎んだり、動物のように扱ったりします。
 本来、私たちそのように作られたものではありません。
 救いというのは我々の完璧な回復のことです。
 Starting with the first humans who rebelled against God, we have become damaged physically (we get sick, we die), morally (we do stuff we shouldn’t and don’t do stuff we should), psychologically (we have all kinds of addictions), socially (we fight each other or treat each other as things to be used). Salvation is the restoration of all these aspects of our humanity.
o 被造物の回復に至るまです。自然災害はなくなります
Even the natural world will be restored. Natural disasters will disappear.
o 福音は救いを起こす神様の力です。
The gospel is the power that brings that restoration.

o 手紙の最後の今日のころで、ここまで述べ伝えた福音の応用の上、パウロは福音が私たちを固く立たせると宣言します。
Here at the end, after telling us how to apply the gospel, Paul states in 16:25 that the gospel of Christ establishes us, makes us stable and firm. 福音とイエス・キリストの宣教によって….あなたがたを堅く立たせる
16:25 26 私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現されて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、
o なぜ私たちは正しく福音を理解することが大切ですというと、
Why is it important that we understand the gospel correctly?
 先ずは歪(ゆが)んだ教えはつまずきと分裂を引き起こします。
16:17-19 tells us that false teaching causes divisions & blocks growth (causes to stumble).
 一方、福音をしっかりを受け入れたら、私たちは堅く立たせられます。
V25 But if we take in the gospel fully, we will become established, strong and firm.
 それにこの福音は代々の預言者による確かなものです。
パウロはそれを手紙の前半で訴えました。
16:25b-26 tells us that the gospel Paul preached is grounded in the prophets of long ago, and so is reliable. Paul spent the first 9 chapters of the letter unpacking this.
 ですから私たちもしっかりしようと思ったら正しく福音を理解して生かすことは欠かせません。
So we must ground ourselves in the gospel to become established.
• 第二の目的はローマの信徒たちが文化と価値観の違いを乗り越えて互いに愛し、相手の価値を認めて貰うことです。
Secondly, Paul wrote so that the Roman Christians would overcome their cultural differences and learn to love and value one another
o ユダヤ系と異邦人系の信徒は色んな違いの上、なかが悪かったようです。
イエスをはじめ、パウロはその多様性の中で一つになることをのぞみました。
We know there was friction between the Jews and Gentiles because of differences in customs and values, and Paul, like Jesus wanted them to find unity in their diversity.
o 福音は多様性の中でも統一をもたらす。教会にも、世にもその働きは必要ですね。
The gospel can bring unity within diversity; we need this in the church & in the world too.
• 今日のメッセジーはこの手紙の復習になりますが、ちょっと違う目線で見たいと思います。
In today’s message, we will be reviewing the book of Romans, but I’d like to do it with a different point of view.
• それは福音がみんなの人生における大事な三つの質問に答えます。
The gospel gives us powerful answers to three basic questions about our lives:
• 私は何もの?私の価値はどこかあのもの?
• 私は何のために生きているか?どう生きるべきでしょうか
• 私でもそれを達成できるのか
III. Who are we? (5: 6-10)
• おざっぱですが2種類の人がいます。Roughly, there are two kinds of people.
• ⇨ 1st, 保守的な人the conservatives.
o Traditionalists, obeying tradition (伝統) and community values (伝統的な価値観).
o That tradition was thought of as morally good(道徳的(どうとくてき)に良い).
o Conscientious about following the rules (綿密にルールに従う)
o Not open to new ideas (新しいものに関心がない)
o ローマの教会というとユダヤ系の人に当たりますJews in Roman church were like this.
• ⇨ 2nd, 進歩的な人the progressives.
o Individualistic 個人主義的な考え方
o Interested in honor and personal glory (Romans 2:7) 自分の名誉を大切にする
o Open to new ideas, rationalistic (新しいものに興味がある)
o ローマの教会というと異邦人に当たります。Within the church, these would be the Gentiles.
• ⇨ 両方はこういう価値観をもつ又はあるグループに属することによって
自分が価値のある善良な人間だと考えます。
• Both groups used their group identity & their values to feel they were worthwhile people.
• ⇨ じゃ自分の価値観についていけないとなったら、自分の価値がなくなるではないでしょう? いい人間ではなくなるではないでしょう。たとえば、
But what if we fail to live up to our values? E.g.
o ある政治家は家族をたいせつにしましょうといいながら不倫をします。多いですね。
Conservative politicians who espouse family values who cheat on their wives
o 又は女性を権利を前進しようといいながらひどいセクハラを繰り返す。
Progressives who champion women’s rights who are serial sexual harassers
o こうして自分の価値観についていかない人は偽善者なのかそれとも単に弱いものなのかを考えますね。
Perhaps they are hypocrites, or perhaps they are simply weak.
• ⇨ 2章でパウロは誰も自分の価値観についていない。皆の良心は自分を責めるのです。
But Paul points out in chapter 2 that neither group is true to its own values. Both groups do things that their consciences accuse them of being wrong.
2:1 ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行っているからです。
⇨ 自分の価値観より自分の行動は大切です。
Because it is not our values that make us good, it is what we do with our values.
2:6 神は、ひとりひとりに、その人の行いに従って報いをお与えになります。
o ですから聖書の全体と同様にパウロが皆は神様の御心を外れた罪人だと言っています。
And Paul, consistent with the rest of the bible, says that we are all, without exception, moral failures, and miss the mark of what God will accept.
• これは悪い知らせです。
So that is the bad news.
• かえて、福音はいいお知らせです。Now, ‘gospel’ means ‘Good News’.
• ⇨ 福音のいい知らせというのはこの写真です!
The good news is this picture!
• 福音からいうと、我々はその写真のようなものです。つまり、実際に我らは
The gospel good news says that realistically, We are:
o 欠陥(けっかん)的 Broken, defective
o 窮状(きゅうじょう)にあり 救ってもらう必要がある In Distress, needing to be saved
o でも愛されている but loved
• 現実的です。けれども、その中には希望と愛があります。
This is realistic, but also hopeful. And we find love there too.
• ⇨We are (Romans 8:28-30)
o People chosen by God to be forgiven of our sins, invited into relationship with Him, and destined to be restored into the glory that he intends for us.
o Jesus is the one who has made this possible by
 his death on the cross for forgiveness of our sin,
 and his resurrection for a new life, where God would be with us and lead us and transform us.
• そしてこの真実は何をもたらすでしょう。
What does that truth do for us?
o 伝統またはグループの支配から解放されます。It frees us from bondage to group identity
 We don’t need a group to say we are okay. We are not slaves to the demands of our community, or company, or family, or church, or set of friends, etc.
 精神的に周辺の人の承認の必要性は弱くなります。近所の人や、友達や、会社や、家族や、教会至るまで。
 We are not worthy because we are hardworking and conscientious about the rules.
 自分の価値は綿密にルールを守ることにありません。
o 特別な才能とかを身につけて目立つ必要はなくなります。It frees us from having to be special individuals.
o ほかの人と比較する必要もありません。We don’t need compare ourselves to others.
o 失敗したり、病人になたり、どんな状況にあっても自分の価値を失うことはありません。
o 神様の一方的な愛こそには自分の価値があります。
o 神様は現実的に私たちをみて、我らを愛し、希望をもって私たちを栄光に導くのです。
Who we are is based on God’s view of us, which is realistic, accepting, and hopeful.

IV. 何のために生きているか (4: 11-14)
• そして、パウロは その上、我々はどう生きるべきのかを教えます。
我々は何のために生きているでしょうか。
• 自分自身は プレゼントです。賜物です。
o ⇨ Romans 12:1 Living sacrifice: a life lived before God
12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。
• Remembering God’s kindness towards us, and what we are meant to be, we are to orient our lives as worship towards God.
先ずは自分を神様にささげます。自分の人生を神様にゆだねます。
o ⇨ Romans 12:3-6 Individually gifted for service
そして神様は我々に賜物を与えて遣わします。
12:5 奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。
12:6 働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
• 賜物は個人個人に与えられます。Individual、everyone.
• ただで貰っています。For free
• そして、自分のためではなく、ほかの人のために与えられています。For others
o ⇨ Ephesians 4:7-8,11-13
4:7 しかし、私たちはひとりひとり、キリストの賜物の量りに従って恵みを与えられました。
4:8 そこで、こう言われています。「高い所に上られたとき、彼は多くの捕虜を引き連れ、人々に賜物を分け与えられた。」
4:11 こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。
4:12 それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり
o 与えられた才能だけじゃなくて、賜物が与えられた人も賜物です!So the people with the gifts are called gifts!
皆様、自分が賜物だと考えたことがありますか。
自分が小さなものだと考えても、優れたものだと考えても、皆はプレゼントですよ!
Everyone: Did you know you were a gift?
You may think you are small and unimportant. Or you may think you are very talented.
But, in any case, you are God’s gift to the world.

• 賜物についてもう少し考えたいと思います。
I want to talk about gifting a little more
 パウロには私たちが教会を祝福するために与えられた贈り物です。
As Paul says, we are gifts to the church to bless it.
• But we are also gifts to society as large, for example at work
• マーティンルーサーは神様は乳搾り少女を通して牛の乳搾りをおこないます。
Martin Luther said that God milks cows through the milkmaid.
• また、「日ごとの糧をお与えてください」を祈るときに神様が自分の賜物を生かして働いている皆様を通してその祈りに答えます。
Or we can say, when we pray for daily bread, God uses people that are doing their work in order to answer that prayer:
○ 田植えの農家、農業の機械を設計・作る人、燃料を掘り出す人、トラックの運転手、営業マン、ITの人、管理者等々。
The farmer, the machinery he uses (and the engineers and mechanics), the gasoline (the oil rig workers), the people who grind the flour, who bake the bread, and the truck drivers and ship’s crews, and all the sales people, and the IT people, the managers and administrators, and on and on.
• だから自分に与えられた賜物を通して神様は世を祝福しています。
So the work we do using our gifts are part of the answer God gives to the prayer ‘give us our daily bread’.
• こうして私たちは世に至るまでの贈り物です。
So in that way we are a gift even to the world.
• もちろんこれは教会と職場に限りません。
The same can be said for our homes, and every other community of which we are part.
● Paul talks further about our gifting in another place.
その賜物は与えられたものですが別の手紙にパウロはさらに教えています。
• Paul tells us to desire the greater gifts (I Cor 12:31a).
より優れ賜物、いわえるより影響のある賜物を求めなさい。I Cor 12:31a
• Paul tells us that desiring to be a church leader is noble (1 Tim 3:1)
そして1 Tim 3:1ではパウロが教会の監督の働きを目指すのはいいことです。
• Selfish ambition, ambition that climbs on others is bad.
But the ambition to bless is noble.
利己(りこ)的な野心は罪です。
一方、回りの人々をもっと祝福するために自分の成長に動力することはすばらしいです。
● しかし、こいうこともあります:
8:36 「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。私たちは、ほふられる羊とみなされた。」と書いてあるとおりです。
● 又は1 Corinthians 4:9では:
私は、こう思います。神は私たち使徒を、死罪(しざい)に決まった者のように、行列のしんがりとして引き出されました。こうして私たちは、御使いにも人々にも、この世の見せ物になったのです。
● つまり、時に我々の世への賜物は苦しみをうけながら、忍耐強く、希望をもって、神様の助けを求め続けている姿です。
Sometimes it is the witness of our patient suffering in hope that is our gift to the world.
● ⇨ これはイエス様の十字架形の生き方です
○ 御子は父なる神様 He gave himself to God
○ その上、変えられました。The experience changed him; he
• 神様がこのよに遣わした、SENT
• 苦しの上、従順をおぼえました。LEARNED obedience
• そして、十字架に付けられ死、crucified, and rose in a new form of life
三日後この世の見たことのない永遠の命で蘇(よみがえ)られた。
○ そして世も変えられた。AND BLESSED the world
○ これは十字架形の生き方です。 CRUCIFORM life
• 自分を神様にささげます。Give self to God
• 神様の力で変わります。Changed by God’s power
• 賜物として世に遣わされ、自分の十字架を背負い、人々を祝福します。
○ This is the model of the Christian life: we offer ourselves to God, and he works change in us, often through suffering, and we become a gift to the world
● Maybe even your patient suffering is a gift to the world, the witness of your faith and hope.
自分の忍耐と希望もご奉仕になります。

V. 私でもそれを達成できるのか (3: 14-16)
• ここまでをもとめて:
o 欠陥てきなものだが神様は我々を愛し、受けて入れ、栄光へ導いてくださる。
We are flawed people, but loved and accepted by God. Our destiny is glory,
o We are called to give our lives away to God, and live as a gift to the world
生きる意味は 自分を神様にささげ、世への賜物として生きる。
o しかし
 Sometimes we are weak, and we feel we have nothing to give
弱いとき、何もできないと感じることもあります。
 We struggle with sin
罪との戦いもあります。
 We often struggle with physical, family or other problems
しばしば 病気、家族の問題、人間関係の問題もあります。
 Some may discourage us, or criticize us, or oppose us
私たちを批判したり、対立したり、落胆させる人々もいるかも。
• それを考えると本当にそういう生き方はできるでしょうか
• パウロは二つのことを言います:Paul says two things.
• 自由Freedom! 罪の力から解放されています。
o もう許されています。
o もう神様に受け入れています。神様がともにおられます。Forgiven, accepted
つまずきを引き起こす神様のかわりものを必要としません。No sub for God reqd
o 神様の愛から引き離せるものはありません。Nothing can separate us
• We have a choice about how we approach life.
その自由の上、自分の生き方を選択する必要があります。
o イエスの死によってこの自由が与えら得た。That freedom is from Christ’s death
o ただし生き方を選択し続けなければなりません。Continue to choose
• Chikara Power! Secondly, we are given the Holy Spirit.
イエス様を信じる人には漏れなく聖霊様が与えられています。
• Here is a diagram of what the HS does for us: HSの働きはこの図面にまとめています。
o ⇨ 聖霊は、喜び、平和、励ましによって私たちをささえてくれる。
これは 精神的な土台です。
o ⇨彼は御言葉やイエスの模範(もはん)を私たちに伝える
o ⇨彼は私たちの目を開き、何をすべきかを教え、従う気持ちと力を与えてくれる
o ⇨そして結果は、愛をもって私たちが世界へ奉仕をすること
• 実践的に
o 祈り:自分の感情、心配、価値観などを神様と会話すること。
o 聖書の真理にふれこと:聖書を読んだり、暗記したり、賛美を歌ったり、神様のことを考えたり、などをすること。
o 聖霊と協力して、指摘されることにしたがう。
VI. まとめ Conclusion (1: 17-19)
• まとめましょう。Alright, let me conclude.
• 世界は大きくて常に変化しています。毎日いろんな選択をしなければなりません。
Big world, always changing. Decisions every day.
• 舵を取ってもどこうに行くかはわからないばかりです。
Even if we live purposefully, it’s not clear which way to go.
• ⇨ 神様の手を握ってともに行きましょう。
世は常に変化しても神様が私たちを堅く立たせるお方です。
So let’s take God’s hand and go forward. Though the world is in flux, he establishes us firmly.
• (16:25,27を一緒によむ)
• これでローマ人への手紙のシリーズは終わりです。
And that is the final message on the book of Romans.

いのり。

Discussion questions (10)

Recall:
1. What is the gospel?
2. What is salvation, and when does it happen?

Application:
3. Most people don’t have an 100% positive experience of life, but experience some kind of gap between their expectations and reality.
a. What kind of missed difficulties and expectations do we experience?
b. In what ways do people try to deal with this gap?
c. How does the gospel help us with these difficulties?
4. Paul tells us in 16:25 that God is able to make us firm and unshakeable through the gospel and the proclamation of Christ.
a. Have you experienced this in some way?
b. In what areas do you feel you still need to grow?
5. Q: Can you feel God shaping you?
a. How can you cooperate with him?
b. Do you know what kind of service he has created you for?
c. How will you find out?
d. How can you grow in what God has given you?

Follow me!