クロスロード・インターナショナル葛西教会にようこそ!

手をつなぐ人々

私たちは、どこの教団教派にも所属していない単立教会ですが、聖書を神様の言葉として信じている穏健な福音派プロテスタント教会です。

比較的若い世代が多く、アメリカ、中国、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、ボリビアと色々な国からも人々が集まる国際教会でもあります。

ありのままの自分として神様の前に出る事を大切にしているので、礼拝の時にもみんな普段着です。
牧師もTシャツにジーパンというラフなスタイルですから、普段着で気楽にお越し下さい。

英語の同時通訳もありますし、英語のグループによるスモールグループもありますので、英語圏の方も安心して参加できます。

私たちの教会は以下のことを大切にしています。

  • 聖書の言葉を信じ、信仰の土台とする
  • ひとりひとりがイエス・キリストと出会い、創造主である神様との自立的な関係を回復する
  • 聖霊によって内側から変えられ、互いに愛しあう家庭をつくり、主にある兄弟姉妹たちとの親しい関係を築き上げる
  • 地の塩、世の光として社会に影響を与えるクリスチャンへと成長していく

クリスチャンには“敬虔な”という言葉が使われることが多いですが、私たちは規律や宗教的な戒律を守る事によって成熟したクリスチャンになるとは考えていません。

ひとりひとりが、イエス・キリストという尽きない命の水につながる事によって内側から変えられ、御霊の実を成らせ、神様に創造されたままの自分に近づき、キリストの身体としてひとつになっていく。
これが、私たちの信じる信仰です。

<教会の歴史>
1993年 国際福音宣教団(OMF) の宣教師ポール・パイク師が、愛の泉教会として開拓開始。
1995年 西葛西国際キリスト教会に変名。
2005年 宣教師帰国のため、松田健太郎が牧師として就任。OMFからは実質的に自立。
2008年 移転を機会に、クロスロード・インターナショナル葛西