自分は何のために生きているのか、疑問に思ったことはありませんか?

実は、多くの人たちが人生の意味に疑問を持ち、その答えを哲学や宗教に求めようとしています。
でも、哲学や宗教が教えてくれるのは、“生まれてきたのは幸せになるため”だとか、“苦しみそのものが人生の目的だ”とか、“神様の栄光のため”だとか、漠然としたものがほとんどです。
結局は、それがどういう事なのかわからないまま漫然と生きて、たくさんの後悔を残してしまう人たちが多いようです。

もしも、自分の生きる目的がもう少し明確にわかったら、あなたの人生はどのように変わるでしょうか?

もちろん、私たちは神様ではないので、わからない事がほとんどです。
逆に、何もかもがわかる人生なんて、結末を知っている推理小説と同じで、おもしろくもなんともないでしょう。
でももう少しヒントがあるだけで、私たちの人生は変わるのではないかと思うのです。

① 生きる事が拷問ではなく、喜びに変わる
意味もなくただ穴を掘り、それを埋める作業の繰り返しは、拷問でしかありません。
生きる意味を見出す事ができない人生もまた、拷問のようなものなのかもしれません。
自分の人生には意味と目的があるんだと知ることは、とても大切な事なのです。

② 生きる事に疲れない
一生懸命に生きる事は素晴らしい事ですが、全ての事に全力を尽くしていたのでは、私たちは疲れ果ててしまいます。
人生の目的が分かると、どこに力を入れ、どこで力を抜けばいいかという事が分かってきます。

③ 何倍もの力を発揮する事ができる
陽が当たるだけで紙は燃えませんが、虫眼鏡で集中した光は火を起こす事ができます。
人生の意味と目的がわかって力の入れ処が分かれば、必要な時に最大限の力を発揮する事ができるはずです。

この学びは、世界のベストセラー聖書を通して、自分は何のために生まれ、何のために存在しているのか、人生の意味と目的をもう少し明確に知るためのものです。

人類の歴史の中で、実に多くの人たちが聖書を通して生まれ変わり、自分の使命を見い出し、その使命に忠実に生きる事によって世界を変えてきました。
マザー・テレサ、マホトマ・ガンジー、アルベルト・シュヴァイツァー、マルティン・ルーサー・キングJr.、パスカル、ヘレンケラー、ナイチンゲール、新渡戸稲造、野口英世、賀川豊彦、杉原千畝・・・。
偉人伝に書かれている人たちのほとんどが、聖書を通して人生を変えられた人たちだと言っても、過言ではありません。

もちろん誰もが偉人になるわけではありませんし、それが私たちにとって本当に幸せな生き方だとも限りません。
ただ、聖書はそれほどの可能性を秘めたものだという事を知っていただきたいのです。
このページの目的は、あなたが聖書に書かれている事を理解し、自分に与えられている使命を見出すための手助けをする事です。
このページを通して自分の人生について学び、それを実行する事を通して、皆さんの人生が大きく変わり、喜びにあふれ、自分も周りの人たちを幸せにできるようになっていく手助けとなれたなら幸いです。

I. 神様とは?

神様とは? まずは、聖書に書かれている神様について考えてみましょう。 今日の学びでは、聖書の主人公である神様とはどのような存在なのかという事を学びます。 ―考えてみましょうー...

詳しくはこちら

II. 人間とは?

人間とは? 私たち人間とは、どのような存在でしょうか? 私たちは、意外と自分自身の事がわかっていないものです。 また、自分自身をどのような存在として認識するかによって、私...

詳しくはこちら

III. 罪とは? その1

罪とは? その1 世界は完璧だった 創世記  1:4 神は光を見て良しとされた。神は光とやみとを区別された。 1:10 神はかわいた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけ...

詳しくはこちら

IV.罪とは? その2

罪とは? その2 聖書が教えている罪について、改めて考えてみましょう。 罪という言葉を聞くと、多くの人は次のことを連想します。 1.犯罪。盗んだり、殺したりすること。 ...

詳しくはこちら

V.救いとは?

救いとは? 救いとはどんなものだと思いますか? ① 悩みから解放されること? 多くの人たちは、悩みから解放されて、心が安らかになった時に「あぁ、救われたような思いです。」と言...

詳しくはこちら

VI.新しい命とは?

新しい命とは? イエス・キリストは十字架で命を投げ出し、私たちの罪を贖って救いの道を開きました。 しかしイエス様は、死から3日目に蘇ったのです。 ―考えてみましょうー 3日...

詳しくはこちら