神様とは?

まずは、聖書に書かれている神様について考えてみましょう。
今日の学びでは、聖書の主人公である神様とはどのような存在なのかという事を学びます。

―考えてみましょうー
あなたは、聖書に書かれている神様がどのような存在であるか知っているでしょうか?
今イメージしている神様の特徴を、自分の言葉で表現してみてください。

あなたは、神様をどのように考え、認識していたでしょうか?
聖書が教えている神様を知る事によって、新たな発見があるかもしれません。

神様がどのような方かという認識が違うと、聖書を読んでいても間違って理解してしまったり、聖書の本当の著者である神様が意図している事を誤解してしまう可能性があります。
正しい神様のイメージを持っていることは、とても大切なことなのです。

それでは、聖書に書かれている神様とはどのような方なのか、一緒に学んでいきましょう。

1. 神様とは創造主のことである。

創世記1章を読みましょう。

創世記 1:1 初めに、神が天と地を創造した

聖書の神様とは、様々なものに宿るものや、人間が修行を積んでたどり着く果てにあるものではありません。
また、願いを叶えてくれるランプの精のようなものでもなく、たくさんいる神々のひとりでもありません。
この世界を創造した唯一の神の事を表しています。

神様は、秩序をもってこの世界を創りました。
神様はそのひとつひとつを見て、「よしとされた」と書かれています。
それは、この世界が完全な神様の目にかなう、完璧なものだったという事です。

2. 神様は全知全能である。

民数記24:16、Iサムエル2:3、マタイ10:30を読みましょう。

民数記 24:16 神の御告げを聞く者、いと高き方の知識を知る者、全能者の幻を見る者、ひれ伏して、目のおおいを除かれた者の告げたことば。

Iサムエル 2:3 高ぶって、多くを語ってはなりません。横柄なことばを口から出してはなりません。まことに【主】は、すべてを知る神。そのみわざは確かです。

マタイ 10:30 また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。

神様はすべての事を知り、どんな事でもできる存在です。
神様が宇宙という広大なものを創り、神様が原子や電子という細小なものを創りました。
創造主なる神様がこれを創ったなら、地球上で起こる出来事なんてちっぽけな事です。

驚くべきなのは、そんな創造主である神様が、私たち個人の事を知り、気に掛けているのだという事です。

神様はどこか遠くで私たちを見守っていて、人間には干渉してこないようなイメージを持たれている方もいるかもしれません。
でも聖書では、神様が繰り返し人に語り掛け、働きかけている姿を見る事ができます。
実は私たちも、そんな神様の語り掛ける言葉や、働きかけに気が付いていないだけなのかもしれません。

聖書が私たちに教えているのは、神様が私たちの頭の毛の数さえ知っているという事です。(マタイの福音書10章30節)

小さなものから大きなものまで、そのすべてを創られた神様が、私たちの事を知り、気にかけてくれているという事は、何と言う驚きでしょうか?

豆知識:
宇宙は半径が465億光年と言われています。
地球がある銀河系だけでも2000億の星があり、宇宙には1000億の銀河系があると言われています。
物質は分子によって構成され、分子は更に原子によってできています。
ある原子のひとつの大きさは、1mmの1千万分の一という小ささです。
原子の中にはさらに原子の1万分の1の大きさの原子核があり、その周りをもっと小さな電子が廻っています。
原子核はさらに、陽子と中性子というものによって構成されています。
さらにもっと小さな素粒子というものも存在し、そんな小さなものが集まって、この広大な世界はできているのです。

3. 神様は三位一体の神である。

創世記1:26、ヨハネ14:1~26、マタイ28:19を読みましょう。

創世記 1:26 神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」

マタイ 28:19 それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、

神様は唯一の神でありながら、3つの位格(人格)として存在している三位一体の方です。
聖書にこの言葉自体は書かれていませんが、読んでいくと神様はこのような存在なのだという事が分かってきます。
創造主である父なる神、キリストとして地上に生まれてきた御子なる神、私たちの内に住み語り掛けてくれる聖霊という3つの存在が合わせっているのです。
三位一体を説明することはとても難しい事ですが、デスクトップ・パソコンを使って考えてみましょう。

パーソナル・コンピューターというのは、本体の事を指していますが、本体だけでは何が起こっているかもわからず、何もする事ができません。
本体の中で起こっている事を見るためにモニターがあり、本体のコンピュータに働きかけるためにマウス/キーボードなどの端末があります。

同じように、私たちがイメージする神様は創造主である父なる神ですが、父なる神様は見る事ができません。
御子はモニターのように見えない神のかたちであり(コロサイ1:15)、新約時代にはイエス様という人間として地上に来てくださいました。
そして、PCは端末によって働きかけることができるように、私たちは聖霊を通して神様の導きを知り、その言葉を理解し、関係を築くことができるのです。

神様が三位一体だと知る事が、どうして大切な事なのでしょう?
それは神様がその存在を通して、“関係”というものが大切なものだという事を表しているからです。
父、子、聖霊は、3つの人格がひとつとなるほどに、互いが“愛”によって深く結びつけられています。

私たち人間も、この愛の中に招かれています。
父、子、聖霊という深い愛の関係に加えられるという事は、なんと素晴らしい事でしょう。

本体:父なる神
モニター:御子
端末:聖霊
と考えると、三位一体という事の意味が少し理解できます。

4. 神様はである。

Iヨハネ4:16を読みましょう。

Iヨハネ 4:16 私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。

『神は愛です。』と聖書は教えています。
「神様は愛する方です」というのではなく、愛そのものなのです。
愛とは何でしょうか?

世の中では「大好き」という感情や気持ちの事を愛と呼ぶ事が多いですが、それは神様の愛とは別の物です。
また、相手のすべてをそのままで受け入れる事という拡大解釈がされることもありますが、それも聖書が教える愛ではありません。

聖書は、愛とはこのようなものだと教えています。

『愛は寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、

怒らず、人のした悪を思わず、
不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、

すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
愛は決して絶えることがありません。』(Iコリント13:4~8)

神様は優しく、寛容です。
でもそれは、私たちが何をしてもいいという事ではありません。
私たちが間違った道を進み、自分や他人を傷つけたり、苦しめたりすることを悲しみ、時には怒りを露わにして私たちを叱ります。
それは、神様が私たちを愛しているからです。
この世界の全てを創った神様が、私たちという存在に特別な関心を払い、真剣に向き合おうとしているのです。

愛については、この短い文章で伝えきれるようなものではありませんから、別の時にもう少し具体的に学ぶ事にしましょう。

豆知識:
新約聖書で使われている古代ギリシャ語にはエロス、フィロス、アガペという3種類の愛があると言われます。
エロス:男女の愛、恋愛、自己中心的な愛のこと。
フィロス:友情の中にある、ギブアンドテイク的な愛。
アガペ:無償の愛。究極的には神様だけがもつ最上の愛。

―考えてみましょうー
創世記では、神様がこの世界を創造した時、それを見て「良しとされた」と描かれています。
次の質問について、想像し、グループなどで話し合いながら考えてみましょう。
1. 全知全能であり、愛の神である神様が「良い」と思われる世界とは、どのような世界だったと思いますか?
2. 神様が全知全能であり、愛の神であるなら、この世界はどうしてこんなに問題だらけなのだと思いますか?

これは、福音に触れる多くの方が抱く問題です。
私たちが住むこの世界は、全知全能の神様が、愛をもって創造したとは思えないほど、悲劇や苦しみ、不完全さで満ちています。
これについて今日は学びませんが、以降の学びの中で改めて考えていきます。
ぜひ自分自身で、ゆっくり考えてみてください。

3. 神様が創造主であり、全知全能であり、三位一体であり、愛の神であることがわかったら、皆さんの人生は何かがかわりますか?
変わるとしたら、どんなことが変わるでしょうか?

 

入門編~福音って何だろう?