神の愛にふさわしくないあなたへ

ダビデは実父からも不十分だと思われていた。 
エリヤは弱虫だった。 
イザヤは口汚かった。 
ヨナは神様に逆らった。 

テモテは若すぎたし、 
アブラハムは年寄りだった。 

エレミヤは泣き虫だった。 
ヨブは愚痴が多かった。 
モーセは怒りっぽかった。 
トマスは不信仰だった。 

マルタは忙し過ぎたし、 
マリヤは娼婦だった。 

ペテロは見栄っ張りだった。 
ヨセフとヨハネは欲深かった。 
パウロは短気だった。 
パウロだけでなく、みんなそうだ。 

みんな、神様に愛されていた。 
イエス様は、みんなを愛していた。 

そして、みんな用いられた人たちだった。 

自分には無理だって、思っていない? 
自分では、不十分だって感じてはいないかな? 

みんな、そうだ。 
神様に愛され、用いられるに相応しい人なんて、誰もいなかった。 

でもそんな人たちを、神様は愛し、用いてくださったんだ。

しかし神は、知恵ある者を恥じ入らせるために、この世の愚かな者を選び、強い者を恥じ入らせるために、この世の弱い者を選ばれました。
有るものを無いものとするために、この世の取るに足りない者や見下されている者、すなわち無に等しい者を神は選ばれたのです。(Iコリント1:27~28)

Follow me!